売却の流れ

不動産のご売却は一般的に以下のような流れで進めます。

STEP1 売却相談

売主様のご事情やスケジュールによってその売却方法は変わってきます。所有不動産の相場や住宅ローンが残っているか否か、売却にかかる費用はいくらぐらいかなど、売主様によって状況は様々です。不動産の売却を検討するにあたって、まずは不動産会社に相談しましょう。ぜひ専門家によるアドバイスを参考にしてください。

売却計画を立てる時のポイント

「家を売ろう」と、考える背景には、何かしらの理由があるはずです。理想に近い形で売却を進めるためにも、予め希望や条件を整理しておきましょう。

売却の目的

目的を明確にして、判断に迷う際には立ち戻れるようにしておきましょう。

期限

  • 期限がある。
  • 〇月〇日頃までに売却したい
  • 可能な限り早く売却したい

STEP2 査定・物件の確認・調査

不動産の売却は、ご所有の不動産がいくらで売れるか資産価値を把握することから始まります。既に売却が決まっている方はもちろん、売却を検討中の方も、まずは査定をしてみましょう。査定時にはご所有の不動産の状態や権利関係の確認などさまざまな角度から調査を行い、周辺の成約事例・売出事例、市場の動向やエリア特性などを考慮して査定価格を算出します。

査定とは……

ご売却予定の不動産の室内の状態・設備の状態など、実際に現地にて調査し細部まで確認をします。また、役所による調査・法務局での権利関係の調査等を行い、周辺の成約事例・売出事例をもとに、より精度の高い売却予想価格を算出します。さらに、経済情勢・住宅市場動向・エリア特性などを考慮して最終的な査定価格を算出します。

物件の確認・調査

ご所有の不動産についてさまざまな角度から調査を行います。
不動産物件そのものの調査はもちろん、法律上の制限や地域特性、権利関係などを予めしっかりと調査・把握しておくことが、トラブルを回避し、スムーズなお取引を実現させることに繋がります。

STEP3 媒介契約について

不動産の売却を依頼する契約です。
価格査定の内容、売却活動の内容について説明を受け、媒介契約書の内容を理解した上で契約しましょう。

媒介契約の種類

媒介契約には3つの種類があります。

媒介と「レインズ」の仕組み

レインズとはREAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEMの略で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムの名称です。不動産物件情報をホストコンピューターに登録し、多くの取引関係者が情報を共有できるシステムです。リアルタイムで情報交換を行うことができますので、取引の拡大を図れます。

媒介契約に係る手続き

媒介契約をご締結いただいた後、販売活動に入る前に必要になる書面等があります。

物件状況等報告書

ご売却予定の不動産について売主様が知っている事柄を、買主様に報告するための書面が「物件状況等報告書」です。雨漏りやシロアリの害、給排水管の故障・腐蝕、増改築の履歴、近隣との申し合わせ事項、マンション管理に関する事項などを記載いただきます。

設備表の記入

ご売却予定の不動産に備え付けられている設備機器の故障の有無について、売主様が買主様に報告するための書面である「設備表」を記入していただきます。

STEP4 売却活動の準備について

媒介契約が済むと、いよいよ売却活動の開始です。売却活動が始まると、週末を中心に購入検討者が内見に来るようになります。その時にバタバタしなくてよいように、事前に準備をしておきましょう。

売却活動のための事前準備

不動産を売却するということは、いつもの住まいが購入検討者に買っていただく「商品」になるということです。
商品の魅力を引き出し、効率的な売却を行うためにも以下の準備を行いましょう。

第一印象を良くする工夫

購入検討者が見学に訪れた際に、住まいに魅力を感じてもらえるよう事前に準備を行っておきましょう。部屋の状態は購入希望者の決断を大きく左右します。ちょっと手間をかけるだけで、第一印象は大きく変わります。

 

室内のクリーニング

まず始めに行いたいことは室内のクリーニングです。水回りは特に汚れが目立ちやすいので早めにとりかかりましょう。

  • キッチン・バスルーム・洗面所・トイレの清掃
  • 床・壁面・窓等の清掃・補修
  • 物入・押入内部の整理・清掃を行い、スペースを空けてすっきりさせる
  • (和室がある場合)障子の破れ、はがれの補修
部屋を広く見せるよう片づけ

部屋を広く見せるには、物をできるだけ少なくすることが一番です。無用なものは思い切って処分して整理整頓を行えば、ぐっと部屋が片付いた印象になるでしょう。

庭の手入れ

一戸建てやマンションの1階で庭がある場合は、庭の手入れも行っておきましょう。きれいな庭が演出できれば、購入検討者の検討意欲も高まるでしょう。

STEP5 売却活動について

さまざまな売却活動を通して購入希望者を探します。
お問い合わせをいただいた方に、実際に物件の見学をしてもらいます。

売却方法

さまざまな売却方法の中から、お客様のご希望に沿った売却が実現できる方法を選択して売却活動を行います。

自社サイト「ノムコム」やポータルサイトへの掲載

<ノムコムの特長>

 

当社見込み顧客へのご紹介

当社の顧客専用ネットワークシステム「カスタマン」で抽出した購入検討者に物件情報をご紹介します。

オープンルーム・オープンハウス、現地販売会の開催

開催情報は「ノムコム」やチラシに掲載・告知することで、多くのご来場者を集めます。

現地へのご案内

物件だけでなく、周辺環境や商業施設・利便性等の魅力を直接お伝えします。

STEP6 購入申込み~売買契約の締結

購入希望者から「購入申込書」を受領し、価格や引渡し等の条件について調整を行います。売主様、買主様間で合意に至ったら、売買契約を交わします。

購入希望のお客様からの申込み

購入希望者から受領した「購入申込書」をご覧いただき、ご売却の条件に合致するかどうかをご判断ください。

購入申込みにあたり確認する事項

購入希望価格

購入希望者の方の資金計画にもとづき、希望する購入価格が提示されます。

代金の支払い条件

下記項目について代金の支払い条件が記載されています。

  • 手付金:売買契約締結時に支払われるもので、売買価格の5~10%程度が一般的です。
  • 残代金:売買価格から手付金を差し引いた金額が記載されています。
融資利用予定の有無

住宅ローン等の融資の有無が記載されています。

契約・引渡し希望日

下記の日程について希望日が提示されます。

  • 契約締結希望日: 購入希望者の契約締結希望日が記載されています。
  • 決済希望日: 購入希望者残代金支払いが可能な日です。通常は法務局や金融機関が営業している平日の午前中に設定します。
  • 引渡し希望日: 一般的には、決済日と同じ日になります。
その他の希望条件

購入にあたり、希望する条件が特にある場合、記載されます。

契約条件の調整

契約条件の調整は下記のような流れで進めます。

契約までの流れ

契約は下記のような流れで進めます。
契約にあたって必要な書類等がありますので、流れを理解して予め準備をしておきましょう。

STEP7 売買契約後の手続きについて

残代金の受領日までに引越しや公共料金の清算などを済ませ、買主様へ引渡せる状態にする必要があります。引渡しは契約時に約束した状態で行なわなければなりませんので、引越し後の状況を確認しておきましょう。

契約後

既存ローン完済の手続き

ご売却物件に住宅ローンの残債がある場合、物件のお引渡しの前までに抵当権を抹消するお手続きが必要になります。原則として、残代金の受取り日決定後のお手続きとなります。

*手続き完了までは2週間程かかる場合があります。
*借入先金融機関によって、お手続きが異なる場合があります。

 

  • 借入先金融機関への連絡
  • 抵当権抹消・全額繰上返済の依頼
  • 全額繰上返済の依頼書への記入・捺印
  • 司法書士と借入先金融機関とで書類の確認
  • 残代金受領日の書類の受け取り方法の打ち合わせ
  • 残代金受領後、司法書士とともに借入先金融機関にて書類の受取り

(土地・戸建の場合)測量の手配

土地・戸建等の取引の際には必要に応じて測量の手配が必要になります。これに伴い、費用が発生します。尚、手続き完了までは1ヶ月から長い場合3ヶ月程かかる場合があります。

  • 測量対象地に係るお手持ちの資料の提示
  • 現地調査日の日程調整
  • 隣接地との境界、道路との境界確認
  • 道路管理者や隣接地所有者との立会い
  • 測量図および付随する書類準備

引越し1ヶ月前

引越し方法の検討・引越し業者の手配

引越しの手配は早めに準備を進めましょう。年度末などは、引越し業者が混雑するため希望日に引越しができないケースもあります。早め早めの手配を心がけましょう。

  • 引越し方法の検討・日程決定
  • (引越し会社を頼む場合)見積り・業者決定
  • (自力で行う場合)レンタカー・人手の確保

引越しの準備

  • 新居のレイアウト計画
  • 荷物の整理整頓
  • 粗大ゴミの手配

STEP8 残代金決済・引渡し

契約時に定めた内容で物件の引渡しを行います。物件の状況を改めて確認しましょう。残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売却手続きが完了します。

残代金決済・引渡しの流れ

売買残代金の受領と所有権移転登記、物件(鍵)の引渡しを行います。営業担当者がサポートいたしますので、ご安心ください。

*一般的な流れを説明しています。取引の内容により、変更になる場合があります。
*通常、買主様のローン借入金融機関にてとり行います。

登記申請書類の確認

所有権移転登記の申請を行います。登記を代行する司法書士に必要書類を渡し、登記申請を依頼します。

残代金等の受領、費用の支払い

受取り
  • 売買残代金(手付金を差し引いた残金)
  • 固定資産税等、管理費等の清算金(引渡し日において日割清算)
支払い
  • 登記費用(抵当権抹消・住所変更登記等)
  • 仲介手数料(残金)

物件の引渡し

買主様へ建物に付随する全ての鍵をお渡しいただきます。
その際、確認として「不動産引渡確認証」を発行していただきます。

*管理規約、パンフレット、付帯設備の保証書・取扱説明書等を買主様へ引渡します。

抵当権抹消書類の受領

お借入先金融機関にてお受け取りいただきます。
司法書士に書類を渡し、抹消登記を依頼します。

残代金決済・引渡し日にご用意いただくもの

金銭

  • 登記費用(抵当権抹消・住所変更登記等がある場合)
  • 仲介手数料(残金)

書類等

  • 権利証(登記済証または登記識別情報)
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内に発行のもの)
  • 住民票(住所変更登記がある場合)
  • 本人確認書類(免許証・パスポート等)
  • 固定資産税納付書、住民税決定通知書
  • 管理規約、分譲時パンフレット、建築確認書等
  • 売却物件に付随する全ての鍵
  • 抵当権抹消書類一式
  • 宅配ボックスのカードキー、ポストの暗証番号等

印鑑等

  • ご実印 ※共有の場合、各々の印鑑が必要となります。
  • 受入先金融機関預金通帳等(口座確認の為)

不動産のかんたん匿名査定!
10秒 3項目でお見積り

他社(大手・中小の不動産仲介会社)で
売れなかった物件でも成約事例多数あり!

しつこい営業一切ナシ!

無料・安心の匿名査定フォーム




    © ファミリータイズ All Rights Reserved.